最近飲んだワインの感想、パソコンや制作のこと、その他雑感を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世の中TPPの件で、何かと騒がしいようだ。
メディアは諸手を挙げて「大賛成」の合唱・・・。
さて、彼らは、TPPの内容を熟知しているのだろうか?
甚だ疑問である。
TPPの中味が
「各国が関税を撤廃すると貿易が活性化するので日本にも大きなメリットがある」だけであるはずがない。
前にも書いたが、上手くすれば利益が上がるだろう。
しかし、有利に立ち回れるのはアメリカだけである。
そのほかの国は貧乏くじを引かされる。
しかし、わが国のトップはTPP交渉に参加の意を表明している。
あくまでも、アメリカ追随の姿勢だ。
「まじめに論議をするつもりのない国はTPP交渉に最初から参加しないで欲しい。」なんて、脅し文句ともとれる、嫌らしい言葉を吐くアメリカ。
何の旨みもないTPPに加入前提で交渉に入る日本は、アメリカに資産を根こそぎ収奪され、年金や医療制度、その他あらゆる仕組みがTPPの名の下に完膚無きまでに破壊されることになる。
それでも交渉に前向きな政府を、国民は「売国奴」と呼んでいる。

政府が危惧しているのは
日本が世界から相手にされなくなることだ。
基軸通貨が「ドル」であることをいいことに、世界経済を蹂躙し続けているアメリカ・・・。
超軍事大国アメリカに逆らえる国は今のところ存在しない。
アメリカに逆らってまでも日本と付き合いを続けるには相当の覚悟が必要だ。

もしアメリカに背くと、どのような運命が待ち受けているか・・・。

日本各地に展開するアメリカ軍基地が跡形もなく無くなるとどうなるのか?
自衛隊だけで国防は大丈夫なのか?
もしそのような状況になった場合、国内ではどのような事象が起こるのか?
在日外国人の動きは?

要するにアメリカは、
「日本よ、俺たちがおさらばした後、日本がどうなっても知らねえぞ。」と言っているのである。
そのような理不尽な恫喝を跳ね返す国力が日本にあるのか?

もし「ノー」と言えば、在日米軍に動きが起こるかもしれない。
そうなると中国は尖閣諸島を中国領と宣言し、侵略の触手を沖縄に伸ばすだろう。
沖縄が陥落すれば次は九州。
韓国も遅れてはならぬと、竹島自国領宣言。
対馬など日本海の島々を侵略し、同じく九州に手を伸ばしてくるだろう。
さらにロシアが北海道に進出してくる。

実際にこのような事態に陥るかどうかはわからないが、
そのような恐怖感をアメリカは日本に植えつけている。

「イエス」といえば資産を根こそぎ収奪される。
「ノー」といえば、舌なめずりしている周辺各国が日本を食い物にする。
どちらにせよ、わが国に明るい未来は無いようである。
奇跡が起こらない限り、日本は滅亡への道を進むことになるだろう。
このように思い込ませるよう、日本を追い詰めている。

恫喝され続ける日本政府・・・。
最悪でない選択はどちらなのか?
そういった不毛の論議が政府では繰り返されているのだろうと思う。
日本政府の今回の歯切れの悪さは、そこにあると考えている。

「トモダチ作戦」なんて言葉があったが、
アメリカは日本を友だちだなんて思っていない。
アメリカにとって
日本とは
恫喝して、ゆすって、金を巻き上げる
「都合のいいカモ」なのである。


さて、起死回生の奇跡とは・・・
アメリカのロックフェラー財団が転けるか
ロスチャイルドとフリーメーソンとロックフェラーが内輪もめを起こし共倒れになるか、
エル・イエロが大噴火で100m超えの巨大津波がアメリカ東海岸を襲うか、
イエローストーン火山が大爆発を起こすか、
アメリカ本土で大規模な地殻変動が起こるか、
アメリカが国防予算の削減に失敗しデフォルトとなるか、
ユーロ崩壊のあおりでアメリカ経済が破綻するか、
宇宙人がアメリカの悪者を料理してくれるか・・・
全部、他力本願だな・・・。

それと、日本に出来ることは、
自衛隊の調別が軍事クーデターを起こすか
再び鎖国をするか・・・
あとは、TPP交渉に参加すると言いながら
国内の反対世論に配慮して参加を先延ばしし
ニヤニヤしながら言い訳をするぐらいか・・・。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenzocorp.blog20.fc2.com/tb.php/1059-ee384794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。