最近飲んだワインの感想、パソコンや制作のこと、その他雑感を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欧州危機のあおりを受け、米金融大手MFグローバル・ホールディングスが破産した。

予測していたように

欧州経済崩壊
  ↓
アメリカ経済崩壊

と進んでいくだろう。

そして・・・
来年末までに
アジア経済崩壊にまで進行するものと思われる。

先日発表された日韓スワップ協定・・・
700億ドルもの資金を韓国のために融通・・・
韓国国内は3000億ドルの資金で潤っていると
表向きは平静を装っているが、
実は50億ドルもないというのが
信頼できる筋の情報だ。
700+50=750億ドル
5~6兆円なんて、欧米が韓国の金融機関から資金を引き揚げれば
すぐ底をついてしまう・・・。

しかも、韓国は国内に深刻な問題を抱えている。
不動産バブルの崩壊・・・

激しい物価高に加え
不況による収入激減
大手企業優遇の金利政策で
多くの庶民が住宅ローンを払えなくなる恐れが出てきたのだ。
ローンが払えず次々と住宅を手放すとどうなるか・・・
韓国版サブプライムローンとなることは必至である。


中国も危機的状況だ。
無計画な都市計画
供給過剰に陥った不動産
不良物件
こちらも早晩バブルがはじけるだろう。
加えて
中国全土に蔓延する公務員の規律の悪化
官公庁、教育機関、企業における採用時の不正行為
賄賂
ゆすり
たかり
労働者の賃金ピンハネ
裕福層の国外脱出

多民族国家中国では
もともと
国家という概念や
国家への帰属意識
忠誠心なんてものは無い

ものを言うのは「金」
世の中「金」次第・・・
戸籍も
家系も
養子も
学歴も
各種免許も
就職先も
結婚相手も
取引先も
社会的地位も
全て「金」で解決できる。

中国の政府中枢が麻痺し
最悪倒れても
誰も困らない。

それが中国という国だ。

韓国、中国が大混乱となれば
大量の難民が日本に押し寄せてくる恐れがある。
難民の巨大津波に呑み込まれれば
日本も終了・・・。

TPPなどどうでも良いから
今期国会で
アジア経済崩壊に伴う
難民に対する
日本の対応策を検討するほうが先だろう。
あわせて在日外国人に関する法整備も急がなければならないと思われる。





・・・転載開始・・・

日本経済新聞より

米金融MFグローバルが破産法申請 欧州に積極投資
2011/11/1 0:19

【ニューヨーク=川上穣】欧州の債務問題の余波が米金融界に及んできた。米金融大手MFグローバル・ホールディングスは31日、日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を申請した。9月末現在、負債総額は396億ドル(約3兆900億円)。イタリアやスペインなどの短期国債への積極投資で損失拡大懸念が強まり、顧客の資金の流出で経営が行き詰まった。欧州危機を引き金とする米金融大手の経営破綻は初めて。
 総資産は約410億ドル。ロイター通信によると、1980年以降の米企業の経営破綻では7位の資産規模。同社はデリバティブ(金融派生商品)の仲介大手。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)など各取引所は同社経由の売買を一時停止するなど混乱が生じている。ただ同社の経営危機は10月に入り広く知られており、想定内との見方もある。

 同社は9月末時点でイタリア、スペイン、ポルトガルなど欧州の短期国債を約63億ドル保有し、自己資本を大きく上回っていた。欧州債務危機の深まりとともに保有資産の損失が拡大。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスなどが同社の社債格付けを投機的水準まで引き下げるなど、信用力が急速に低下していた。

 同社は先週末にかけて身売り先を探していたが、交渉は難航。週明けには市場操作を受け持つニューヨーク連邦準備銀行も政府公認ディーラー(プライマリーディーラー)の資格を持つ同社との新規取引の停止に踏み切った。こうした措置で外堀を埋められ、破産法の申請を余儀なくされたとみられる。

 MFグローバルの欧州国債の保有額は、市場で懸念が強かった米金融大手モルガン・スタンレーの水準も上回る。負債が自己資本の何倍かを示すレバレッジ比率も30倍を超え、資産圧縮を進めるゴールドマン・サックス(6月末時点で約13倍)など他の金融大手に比べ、リスクの高さが際立っていた。

 今のところMFグローバルは特殊な事例として、欧州問題の悪影響が米金融界全体に波及するとの見方は少ない。ただ市場ではMFグローバルに端を発した金融システムへの影響を懸念する声もある。

 MFグローバルはゴールドマン・サックスの元最高経営責任者(CEO)で前ニュージャージー州知事のジョン・コーザイン氏が率いる。同氏は昨年3月に会長兼CEOに就任すると、経営再建に向け自己資金を活用した欧州国債への投資にかじを切っていた。

 欧州問題は改善するとの見方が根底にあったが、予想に反して状況はここ1年で急速に悪化。同社の信用力も急低下し、先週末時点で同社の株価は一時1ドルを割り込む水準まで急落していた。


・・・転載終了・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenzocorp.blog20.fc2.com/tb.php/1060-307daf04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。