最近飲んだワインの感想、パソコンや制作のこと、その他雑感を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東証と大証が来年秋に統合されるというニュースが、11月7日の日経朝刊一面にでかく掲載されていた。
これは、今年3月初旬に発表された統合案とほぼ同じ内容で、世間からしてみれば、やっと双方の折り合いがついたのか!というのが正直なところの感想だろう。
統合案浮上の背景には世界の証券取引所の再編スピードの加速があり、競争力を失いつつある日本の証券取引所の体力を強化したいとの思いがあるのだろう。
しかし、世界の潮流に遅れること2年以上・・・。しかもそれぞれの取引所を管轄する金融庁、経済産業省、農林水産省が未だに縄張り意識をむき出しにしている現状では、起死回生の妙案とはなりにくいのではないかと、各方面より冷ややかな目で見られている。

さて、
双方が統合となると、まずリストラ・・・。
これで3000人ぐらいが寒風吹き荒れる世間に放り出されるだろう。
そのどさくさに紛れて「天下り」を配置・・・。
この調子じゃ、
「日本をアジアの金融ハブにする」なんて大構想を実現するのは所詮無理で、
日本経済はますます縮小の方向に突き進んでいくだろう。
じゃあ、なぜ、統合するの?
ということだが、
表向き「世界に通用する証券取引所誕生」
実のところは「官僚の天下り先の確保」
というところかな・・・。

こんな後ろ向きな施策じゃ、
だれも日本相手にしなくなり
そのうち証券会社がバタバタ潰れて
ここ2~3年のうちに
日本ご臨終になるだろうよ。

それからTPP・・・。
今朝の日経では
「大賛成」の記事がでかでかと掲載されていた。
日本にとってメリットたっぷりだから入らなきゃ損!
という論調だ。
まあ、住友のお偉いさんが経団連のドンだから、
言いなりの記事を書いているのだろうな・・・。
まあ、アメリカと組んで悪事を考えている企業は儲かるだろうが、
巻き上げた膨大な利益は国庫や国民にはびた一文還元されない。

郵貯や国民年金はすべてアメリカに収奪され
粗悪な食品と
不良外国人労働者が大量流入・・・。
日本人はことごとく職を奪われ
最後は
餓死か
自殺しか無くなるな・・・。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenzocorp.blog20.fc2.com/tb.php/1066-4a028b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。