最近飲んだワインの感想、パソコンや制作のこと、その他雑感を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
李明博(イ・ミョンバク)大統領、国賓待遇で合衆国へ!
の裏側には、以下転載文に書かれているようなことがあったようだ。

演説文の草案作成を相手国の専門業者に依頼するなんて、過去聞いたことがないな・・・。

李明博大統領は米韓FTA批准に関し国内で総反発を食らっているようだし、議会でも関係演説実施を拒否されている。

米国で披露した演説内容は、おそらく国内で練り上げた草案とはかなり内容が違ったものになっているのだろう。

その事が国民の知るところとなれば非常にまずい・・・。

議会や国民へは、韓国民族のお家芸「二枚舌」で適当にお茶を濁すつもりだったのが、こんなことをすっぱ抜かれてしまっては、誤魔化しようが無くなる・・・。

この件は、もしかすると、
李明博大統領の地位を揺るがす大事件に発展するかも知れない。

あわせて、米韓FTAの内容が明らかになりつつある今、
物価高やインフレ、住宅・不動産危機で不安定な韓国で、
政府への不満が臨界点を超え、全国各地でデモや暴動が起こる恐れもある。

アメリカはアジア戦略の見直しを急いでいる。

米ソ冷戦期は朝鮮半島や日本が重要な軍事拠点と考えられていたが、
その後、世界情勢も大きく変わり、
また、アメリカも財政危機を抱え、議会から軍縮を迫られている今、
アジア戦略ラインを大きく変更する可能性が強い。

要するに、
韓国(もしかすると日本からも)からの米軍全面撤退もあり得るということだ。

以上のような米国の思惑を事前に分析もせず、
アメリカの「ポチ」韓国は、
「国賓待遇」なんて甘い言葉に誘われ、
のこのことアメリカに行った・・・。

たぶん、李明博大統領は
米韓FTAを呑まなければ米韓相互防衛条約を破棄するぞ!
などど恫喝され、アメリカが書き上げた演説文を読まされたと
想像している。
さぞ熱い「煮え湯」だったことだろう・・・。

米国防省は議会から軍事予算の大幅削減を求められている。
そして米議会への米軍予算案の提出期限は11月23日・・・。

どちらにしても米軍は、財政上の問題で韓国・日本から撤退を開始する。
その時が来れば
「米韓相互防衛条約」も
「日米安全保障条約」も
両国間同意の下(あるいは一方的か!)で
破棄されるか
よりアメリカの負担の少ないあり方に
内容が大きく変更されるだろう。

それから、韓半島の統一については
アメリカ・ロシア・北朝鮮・日本で
秘密裏に話が進められているのではないかと
想像している。

何も知らないのは、韓国だけ・・・。





・・・転載開始・・・


李大統領の米議会演説文、米エージェントが草案作成

 李明博(イ・ミョンバク)大統領が先月、米議会やホワイトハウスなどで行った演説文の草案を米国のエージェントが作成していたことが、6日までに分かった。在米韓国大使館が今年9月、総額4万6500ドル(約360万円)で依頼したという。

 先ごろ公表された米司法省の外国エージェント登録法(FARA)資料によると、在米韓国大使館はワシントンにある演説文作成エージェントのウエスト・ウイング・ライターズ社に、李大統領が出席する米上院・下院合同会議、米商工会議所、ホワイトハウスでの歓迎行事と国賓夕食会、国務省での昼食会と、計5回の演説文の草案を作成するよう依頼した。

 同社と結んだ契約書には「われわれは李大統領やほかの(韓国)政府官僚のコメントに基づき、演説文の草案を変更した」と記されている。

 大統領府(青瓦台)関係者はこれについて、韓国大使館が現地エージェントの諮問を求めたかどうかは分からないとしながらも「大統領が外国で行う演説文を作成する際には、まず外交通商部(省に相当)や現地の韓国大使館にアイデアを求め、大統領府で最終的に原稿を完成するのが慣例になっている」と話した。


崔賢黙(チェ・ヒョンムク)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


・・・転載終了・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenzocorp.blog20.fc2.com/tb.php/1068-797a1b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。