最近飲んだワインの感想、パソコンや制作のこと、その他雑感を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはり心配していたことが起こったな・・・。
言葉の壁
文化の違い
TPPの実体
アメリカの魂胆
野田首相の「たくらみ」・・・

まず、「TPPへの交渉参加に向けての協議」という言い回し方・・・
日本人なら「TPPへの交渉に参加するかどうか判断するための事前聞き取り及び予備調査」という理解だろう。
しかしアメリカ人は、おそらく「TPPへの交渉に参加する」と理解している。
政治家は、言葉を巧みに使わなければならない。相手に伝わらない表現、難解な表現、誤解を生む表現は避けるべきだったのである。

欧米と日本では歴史・文化が全く異なる。相手は異文化を背負った存在であることを忘れると、あとで手痛い目に遭う。

TPPの内容を、日本は熟知していない。
自由化対象は、全ての品目と既に決定している可能性がある。
「コメなどを例外品目に!」などの発言は、
アメリカにしてみれば、「寝言」としか思っていないだろう。
今さら、何を間抜けなことを・・・!というのがアメリカの本音だろう。

アメリカは、自国の利益のために日本をTPPに引きずり込んだ。
日本抜きのTPPなぞ、何の旨みもないからだ。
アメリカは、日米間で自由貿易の障壁となるあらゆる日本側の法律の撤廃を要求してくるだろう。この件については例外は無い。
そして、日本にある全ての資産を収奪するつもりである。

野田首相は、アメリカの企みを全て知っている。
承知の上での参加表明だ。
TPPに参加せざるを得ない事情が日本にある。
その事情とは・・・
ここには書けない。
庶民なら小便をちびるぐらい恐ろしい事情があるとだけ書いておこう。


そもそも、政府や財界、御用学者が説明するように、
TPP参加が日本にとって大きなプラスになるのであれば、
昨年末あたりにTPPに関する全てを情報を国民に広く知らせ、
東日本大震災以前にさっさと加入しているはずである。
庶民感覚でTPPを考えれば、こうなる。

以下、産経新聞より



・・・転載開始・・・


どうして起きた?日米発表食い違い 同床異夢浮き彫り 

                2011.11.16 22:39 (1/2ページ)

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について話し合われた日米首脳会談後の両政府の発表の食い違いをめぐり、野田佳彦首相は16日の参院予算委員会で、米政府に訂正を要求したが受け入れられなかったことを明らかにした。見解の相違をめぐる混乱はTPP交渉参加に向けた日米協議に不安材料を与えた。食い違いはなぜ起きたのか-。(坂井広志)
 「やっぱり言ってるのではないですか」
 予算委でみんなの党の小野次郎参院議員は首相に食い下がった。
 発端は12日(日本時間13日)に遡(さかのぼ)る。米ホワイトハウスは「首相が『全ての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルに乗せる』と述べた」と発表。日本政府は「そのような発言はしていない」とする報道発表で火消しに回った。
 「国会審議で問題になるだろう。TPP交渉に影響しなければいいが…」との外務省幹部の懸念は現実のものとなった。アーネスト大統領副報道官が14日(日本時間15日)に「訂正する予定はない」と言い切ってしまったのだ。
 首相は16日の予算委で「『訂正した方がいい』と言ったが、米側からの『われわれの解釈で書いている』とのやりとりでとどまっている」と経緯を説明したが、今後は訂正を求めない考えも付け加えた。その理由を首相はこう語る。
 「私を窮地に追い込むことを米国が考えるとは思えません」
果たしてそうだろうか。首相は「私が言ったのは『包括的経済連携に関する基本方針を踏まえて高いレベルの経済連携協定を目指す』ということだ」と言い張る。その基本方針には「(各国が重要とみなす)センシティブ品目について配慮を行いつつ、全ての品目を自由化交渉対象とする」と明記している。

 首相の主張は(1)そもそも言っていない(2)「センシティブ品目について…」の部分が欠落している-の2点に集約される。米側が「センシティブ品目」も加えていれば問題はなかったとみられる。ではなぜ米側はこの部分を除外したのか。そこには日本の前向きな姿勢を明確にしTPPを推進したいとの思惑がちらつく。

 通常、首脳会談後には事務方が発表内容を打ち合わせる。記者への説明内容が実際の発言とは異なることもある。首脳会談が続き、綿密な打ち合わせができなかった面もあるが、食い違いは今回が初めてではない。

 9月のニューヨークでの会談では、米軍普天間飛行場の移設問題について、大統領は「進展を期待している」と発言したというのが日本側の説明だったが、米側は大統領の発言を「結果を求める時期が近づいている」と説明した。

 今回、日本側は9月の“教訓”もあり、米側に訂正を求めた。米側も「首相の公式声明などに基づいたものだ」と日本側に歩み寄りをみせたが、訂正には頑として応じない。

 日米間の食い違いは、コメなどの例外扱いを認めさせようとする首相と、早急に成果を求めようとするオバマ大統領が、同床異夢にあることを浮き彫りにした。



・・・転載終了・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenzocorp.blog20.fc2.com/tb.php/1075-e58aa521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。