最近飲んだワインの感想、パソコンや制作のこと、その他雑感を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨晩の夢を鮮明に覚えていたので、メモしておこう。

夢のメモなので、関心のない人はスルーして欲しい。

二本立てで強烈な内容だった。

一本目は、アメリカ関連・・・。

大西洋カナリア諸島で微弱地震が頻発していたが、日増しに規模が拡大・・・。
アメリカおよびヨーロッパ各国はエル・イエロ大噴火に備え、国民に緊急避難発令。
エル・イエロが大噴火を起こし、火山の斜面が海中に滑落すると、その衝撃で100m超えの超巨大津波がヨーロッパ、北アフリカ、アメリカ、カナダ、メキシコ等を襲うからだ。

ヨーロッパのニュースでは、街中がパニックとなり、逃げ惑う人々や、避難する車で渋滞した道路、交通事故、どさくさに紛れて、商店から高額商品を略奪する光景、放火、破壊活動が映し出されている。
阿鼻叫喚の世界だ。

アメリカの放送局は西海岸に大型客船や軍艦を集め、政府要人、VIP、軍関係者を優先的に乗船させている様子をスクープ。
次々と出港していくが、ほとんどの市民は取り残されており、小型のボートで客船を追跡している。
縄をかけ、何とかデッキまで上ろうとする者もいる。
しかし、デッキでは兵士がマシンガンの銃口を下に向けており、上ってくるものを次々と射殺していく。
操船を誤り、スクリューに巻き込まれる小型船舶や一般市民。
無残な光景だ。

午前11時頃、エル・イエロ大爆発&火山の巨大斜面滑落・・・。
100mの津波が時速600kmでヨーロッパ、アフリカ、アメリカを襲う。

ヨーロッパと北アフリカ大西洋側は津波で壊滅。
ジブラルタル海峡を越えた津波は地中海に浸入。
都市を次々に呑み込んでいく。
フランスの原発は深刻な被害を受けプルトニウムなど、原発燃料が飛散。
絶望的状況へ・・・。

津波はアメリカ東海岸を直撃。
ニューヨークをはじめ米国主要都市は壊滅。
海水は五大湖を越えデンバー付近まで浸入。
大型船舶やコンテナ、自動車がアメリカ内陸まで押し流されていく。

西海岸から出港した十数隻の客船などは難を逃れ、アジア大陸を目指す。
乗客は安堵の表情を浮かべている。
なかにはシャンペンをグラスに注ぎ乾杯する光景も・・・。

しかし、喜びは束の間だった。
カリフォルニア断層が激しく動き、
M9超の巨大地震発生。
西海岸は海中に激しく沈下、
その衝撃で津波が発生する。

こちらの津波は、大西洋で発生した津波を凌駕する規模・・・。
300mを超える海水の壁が時速800kmで逃避する客船を背後から襲う。

次々と呑み込まれていく大型客船・・・。
船同士が激しくぶつかり合う。
生存者はいないだろう。



二本目は、超人類の話。
夢なので荒唐無稽な内容だが、一応メモしておく。

201?年、遺伝子に異変の起こった新生児が日本で多数生まれる。
遺伝子と言えば二重螺旋構造だが、これらの新生児は通常の倍の四重になっているのだ。
外見上特に異変は見られない。
ただ、成長が著しく速く、1年で6歳児ほどの体躯に成長・・・。
2年で高校生ほど・・・。
学習能力等は、通常の人間と大して変わらない・・・が
どこからともなく現れる小型の生命体?との接触によって、遺伝子が活性化!
身体能力や知能が瞬く間に天文学的数値にまで上昇・・・
超人になるという内容。

その小型生命体は、人間に似ているが腕が6本あり、空中を浮遊している。
瞬時に移動できる能力を持っており、特殊な遺伝子構造の新人類を探査し、
鱗粉のような、光粒子のようなものを浴びせるというのだ。

この超人が日本に次々と発生しているとメディアが伝えている。
超人の特徴は、
外見はモンゴロイド(日本人)
ただし恵まれた体格を有す。
身長は2m超。
眼球の虹彩が非常に薄い色
あらゆる病原菌、ウイルスに対する耐性を持っている。
脅威の再生能力。多少の傷なら瞬時に治癒。
高度の知能。
超人同士のテレバシー能力。
もちろん一般人の脳活動を読み取り何を考えているのか知ることが出来る。
寿命を決定するリミッターのようなものが遺伝子から取り外されている。従って長寿。
脳波でコンピュータにアクセス可能。
など・・・。

ここで
場面転換・・・。
我が家だが、見たことのない部屋・・・。
自分はなぜか若い。
妻はどこかで見たことがあるような女性。
「外の景色が気になるので窓にシェードをかけてるの。」と言っている。
窓にカーテンの類は一切無い。
ガラスの透過性が自由に変更できるようだ。画像を映し出すことも出来る。
幼児がいる。
どう見ても1歳未満。
その幼児が、大人のような口調で喋り、
おむつ姿で2足歩行し、牛乳パックから小さなグラスに牛乳を器用に注いでいる。
不思議な光景だ。
あっ!ミルクが溢れそうだ!
というところで目が覚めた。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenzocorp.blog20.fc2.com/tb.php/1084-614f0559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。