最近飲んだワインの感想、パソコンや制作のこと、その他雑感を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜島が不穏な情勢である。

桜島近辺では、光を放つ正体不明の物体が飛び回ったり、火口付近を出入りしている様子が、多くの人に目撃されている。

それから、上空から細長い光る物体(ミサイルか?)が火口に打ち込まれ、その後噴火が起こっているというのだ。

上記の情報は、新聞テレビでは一切報道されないが、昭和30年以来最多噴火を記録したというのだから、ガセネタの一言で片付けてはいけないのかもしれない。

一方、富士山の火口付近の色が変色しているとの情報も入っている。

マグマ上昇が桜島で見られるならば、富士山でもあり得るのでは?との見方もある。

311以降日本列島は地殻変動期に入ったようだ。
何が起こっても不思議ではない。

これとは一見無関係に思える記事が一つあった。
それは、先日神戸での異臭騒ぎである。
国道2号線と43号線付近の住民から、
「ガス漏れのような匂いがする。」
という通報が多数あった。
調査の結果、ガス漏れは確認されなかったが、
今日、
似たような苦情が、
神戸から20キロほど東側の西宮の住民から多数寄せられたというのだ。
ガスの匂いはガス漏れを早期に発見できるように人工的に付けられたものである。
硫黄のような匂いだ。
硫黄と火山活動・・・
西から東へ移動・・・
何か匂うな・・・。



NHKニュースより

・・・転載開始・・・

桜島の爆発が過去最多を更新

12月9日 6時13分

活発な活動が続く鹿児島市の桜島で、8日夜遅くから9日朝にかけて爆発的な噴火が3回あり、ことしの爆発の回数は、これまでで最も多かった去年の896回を上回って年間の過去最多を更新しました。
鹿児島市の桜島では、8日午後11時54分、昭和火口で空気の振動を伴う爆発的な噴火があり、大きな噴石が山の5合目まで飛びました。鹿児島地方気象台によりますと、これでことしの桜島の爆発は、南岳の山頂火口と昭和火口を合わせて897回となり、気象台が昭和30年に観測を始めて以来、最も多かった去年を上回りました。桜島では、さらに9日午前1時40分すぎと午前5時半すぎにも爆発的な噴火があり、ことしの爆発の回数は899回となっています。ここ数年、活発な活動が続く桜島では、マグマの上昇によるとみられる地盤の膨張が引き続き観測され、今後も活発な状態が続くとみられています。気象台では「今すぐ大規模な噴火につながる兆候は見られないが、活発化の傾向にあるため、火山灰や今後の推移に注意してほしい」と呼びかけています。

・・・転載終了・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenzocorp.blog20.fc2.com/tb.php/1097-f32610f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。