最近飲んだワインの感想、パソコンや制作のこと、その他雑感を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月28日NHKの某番組で、紅白歌合戦の舞台デザインの紹介をしていた。
「Kazumoto Iguchi's blog」さんの記事でも触れられていたが、私も番組視聴中、同様の感想を持った。

正三角形をモチーフとした舞台装置・・・。

東日本大震災以降、日本人が人と人との繋がりの重要さに気付き、今年の漢字も「絆」・・・。

一対一のネットワークに、もう一人付け加えると「繋がり」や「絆」が表現できるとか言っていたような・・・。

それが基本コンセプトとなって正三角形が舞台デザインのモチーフが考案されたという。

舞台装置の模型が紹介されていたが、見た感じピラミッドを連想するフォルムである。

デザイナーはピラミッドを意識したのだろうか??
単なる「思いつき」や「ひらめき」で・・・なんて言って欲しくないが、
意識したのであれば、ピラミッドについて資料収集するなど事前準備は十分であったのか??
資料収集や事前準備を怠りなくやったのであれば、あの舞台装置で何を視聴者にアピールしたいのか・・・。

よく見えてこない。

ピラミッドといえばエジプトのものを連想するが、古代人がピラミッド建設構想に人と人との「繋がり」や「絆」を盛り込んでいたとは到底思えない。

また、昨今では、「ピラミッド社会」なんて嫌な言葉もある。
まさに搾取・支配の象徴・・・

NWO(ニュー ワールド オーダー)のモチーフにも正三角形が多用されている。

そもそもデザイナーがスキンヘッドというのも気に入らない。
髪の毛はアンテナと同じ!
清浄なインスピレーションをキャッチする重要な器官なのである。
髪の毛を切ったり、全て剃り上げてしまったりすると、天からのメッセージを受け取ることが出来なくなると自分は考えている。

大晦日の紅白は仰天の舞台演出になるんだろうな・・・。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenzocorp.blog20.fc2.com/tb.php/1112-687de702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。