最近飲んだワインの感想、パソコンや制作のこと、その他雑感を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日NHKのニュースを見ていると、
北朝鮮の様子が映し出されていました。
イタリアンレストランの美味しそうなピザとか
楽しそうな表情の市民
遊園地の様子
屋外バーベキューなどなど
金正恩体制になってから、
経済開放政策に転じたと見られ、
芝居かかった映像ではありましたが、
変化の兆候が見られました。

今年になり
穀物の完全配給制を廃止し、
生産高の一部の私有化を認めるなど、市場経済へ段階的に移行させようとしているようです。
また、経済開放政策については、
過去に経験のあるベトナムにノウハウを問い合わせるなど、
金正日時代とはかなり違った様子ですね。

しかし、国連での演説では、
自国に対し敵視政策をとるアメリカを名指しで批判し、
朝鮮半島における緊張状態を作り上げているのはアメリカなのだと
全世界に向け発信しているように聞こえました。

さて、下にロイターの記事を転載しましたが、
「核戦争」などという穏やかでない語句も使われ、
朝鮮半島が
まさに
風雲急を告げる情勢にあるのだと思わせる内容です。

話は戻りますが、昨日のニュースでは
金正恩第一書記とご婦人が映っていましたが、
服装などから判断するに、
かなり前の映像だと考えられます。
ライブ映像は最近ほとんど見かけません。
最高人民会議の情報も極端に減少しています。
金正恩第一書記の動静も不明です。

一説には「健康不安説」が出ていますが、
水面下で「何か」の準備に
国家総動員体制で取り掛かっているのかもしれません。

それから、
韓国は、10月で期限切れとなる日韓通貨スワップ協定の更新を日本政府に申し込んでいないようです。
このままでは、スワップ額は従来の額に戻ります。

韓国大統領による天皇陛下侮辱発言後、
安住財務大臣が「通貨スワップの延長見直し」を仄めかしたところ、
韓国政府は
「外貨準備高に心配はない」
「日本に頼らなくとも貿易に支障は出ない」
「不足の場合は中国と同様の協定を結ぶことが出来る」
と、日本のスワップ見直し恐るるに足らずと
一刀両断にしました。

国家の沽券もあるでしょうから
今更、おめおめと「更新を頼む」とは言えないのかもしれません。


サムスンの堂々たる躍進が連日のように宣伝されていますが、
あれっ?と思ったことがあります。

サムスンがiPhone5を特許侵害で提訴・・・
それから
カリフォルニアでは全面敗訴し
巨額の賠償金支払いを負いましたが、
そちらのほうも控訴していますね・・・

時間稼ぎの戦法でしょうか?

明らかに勝ち目はないのに
訴訟を次から次へと起こすとは・・・。

結審するまで
とことん製品を売り捌き、
ぎりぎりの状況まで持ち堪え、
店をたたみ、夜逃げする魂胆なのかもしれません。
利益は闇ルートで海外に移され、
巨額の負債と賠償責任、
職を失った大量の従業員が残される・・・

若者の時間給は遂に300円を切りました。
加えて、若者の半数以上には、まともな仕事がありません。
高級車の国内販売もがた落ち・・・
ソウル以外は全て住宅バブルが崩壊しています。
主な輸出先の中国が傾きつつあります。
貿易立国韓国としては
非常に危機的な状況だと言えます。

韓国の国連での演説は、中国ほど過激なものではありませんでした。
政府筋は、日本に配慮した結果だろうと分析していますが、
韓国が「日本を批判しているどころではない」状況に
陥っている可能性もあるのです。
それが、
経済の末期的状況を意味しているのか?
次期大統領選も含めて、政情が極めて不安定かつ
不穏な情勢に進みつつあることを示しているのか・・・
例えば・・・
李明博大統領、汚職疑惑で逮捕
または
国外逃亡
または
暴徒による強殺・暗殺などの事件後
軍事政権発足という流れになるのかもしれません。

北の異様な静けさと
南の理解しがたい動向・・・

非常に気になります。

互いに国情を察知し、
不測の事態に備えているのかもしれませんね。



ロイターより

・・・転載開始・・・


【速報】朝鮮半島で核戦争の恐れ!2012年10月 2日 12:45

朝鮮半島は世界で最も危険、核戦争の恐れも=北朝鮮外務次官
北朝鮮の外務次官は1日、国連総会の一般討論で演説し、朝鮮半島は米国の対北朝鮮政策により地球上で最も危険な場所となっていると指摘。同半島で火花が散れば核戦争が引き起こされる恐れがあると警告した。
朴吉淵外務次官は演説で「米国が北朝鮮に対する敵対的政策を続けていることにより、朝鮮半島では対立と緊張激化の悪循環が進んだ。同半島は今日、火花が散れば核戦争が引き起こされる恐れもある世界で最も危険なホットスポットとなっている」と述べた。
朴次官はまた、北朝鮮の核の「抑止力」について「国家主権を防衛する強力な武器だ」と語った。
さらに、昨年12月に金正日総書記が死去した後権力を継承した金正恩第1書記については、国民は敬愛する金第1書記に全幅の信頼を置き、同氏をトップとする新体制の下に団結していると述べた。【ロイター 11:48】



・・・転載終了・・・




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenzocorp.blog20.fc2.com/tb.php/1133-5ec4c1b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。